オーケストレーション

CloudConductorを用いることで、複雑なシステム全体をクラウド上へ一気に作り上げることができるようになります。労働集約的で品質にブレのある手作業によるインフラ運用から脱却し、検証済みで高品質なインフラ運用を誰でも簡単に手に入れることができる世界へ、CloudConductorはあなたを導きます。

パターン

熟練したインフラエンジニアの設計ノウハウをパターンとして標準化することで、検証済みで高品質なインフラを誰でも簡単に再利用できるようになります。またパターンを中心に据えることで、テスト駆動開発や継続的インテグレーションといったアジャイル開発のプラクティスをインフラ運用の現場へ導入できるようになります。

ライフサイクルイベント

ライフサイクルイベントを意識して作られたパターンを用いてインフラをオーケストレートすることで、イベント発生時に各サーバは、果たすべき役割に従って自分自身をあるべき姿へ自律的に再構成できるようになります。ライフサイクルイベントを起点にすることで、システム全体の整合性を維持した見通しの良い運用が可能となります。

マルチクラウド

特定のクラウドにロックインされることなく様々なクラウドを透過的に利用できるようにすることで、例えばシステムの成長に従って最適なクラウドへ乗り換えていくことができるようになります。また甚大災害時には生き残ったクラウドを探し出してシステムを立ち上げ直すこともできるようになります。